優しさは財産となって残る

優しさは財産となって残る

ipa7l4 2022年6月14日

幼稚園に通っていた年頃の記憶は、この求人の保育士を奈良の大和高田ではここにも両手でで数えられるほどしか持ち合わせていません。そのほとんどは家庭でのもの。しかしその中でもとても強烈に覚えているものがあります。幼稚園生当時、私はその他の多くの子供たちと同じように戦隊モノにハマっていたようです。大阪でレストランウェディングならここからにしては私が好きなピンクのお姉さんと同じように、格好よくジャンプしたり戦ったりするのを思い描いていたのだと思います。ある日、滑り台の上に立っている自分の姿と、その時の気持ちを鮮やかに覚えています。脳内イメージの悪の組織をやっつけるために、滑り台の上から勢いよくジャンプしました。当然、そうメディカルゲートで見つけるクリニックでもマントすら持たないヒーローでも無い小さな子供は、地面にただ落下。その時の痛みなどは覚えていませんが、すぐに病院にも連れて行かれたようで両親も連絡を受けて迎えにきてくれたようです。私が覚えているのは、幼稚園の先生がずっと抱っこしてくれていてその温もりがとても優しく感じられたことです。そして「〇〇ちゃんは飛びたかったんだね。 少しやっとレストランウェディングのできる大阪を大きくなって飛べるマントを作れるようになるよ」という旨の言葉をかけてくれたことです。成長しながら、ことあるごとにその出来事を思い出しては、先生の優しさがいつまでも自分を見守ってくれているような気がします。もう40代になって、飛ぶ力も飛ぶ道具も手に入れていませんが、その口コミの奈良を保育園からはこんなにいわれて先生からもらった暖かい気持ちがずっと財産になってくれています。