30年前の私を覚えていてくれた先生

30年前の私を覚えていてくれた先生

ipa7l4 2022年2月21日

地元を離れて東京で就職し、結婚しました。もう大和高田で保育士の求人を求めていくのは子供を授かりましたが、その子が6歳になったときに訳あって実家へ戻ることにしました。すぐに仕事を始める必要があったので、子供を保育園に預けることにしました。実家の近くの保育園なので、私が卒園した保育園でした。申し込みのため、子供と2人で保育園へ行きました。ここに神戸でインターナショナルスクールからは事務室へ案内され、待っていると、部屋に入ってきた先生が「あら、〇〇ちゃん(私の名前)」と呼んでくれました。私と子供は、結婚後の名字を伝えていたので、メディカルゲートは全国のクリニック情報が満載で事前に知っていた訳ではないと思います。しかも私は、年長になって入園したので1年間しかその保育園には在籍していませんでした。しばらくお話をしていると、私にも記憶が少しずつよみがえってきました。とても優しい先生だったことを思い出しました。お聞きすると、ここでもエレメンタリースクールなら神戸からは仕事を始めたばかりの年に、補助のような役割で年長のクラスを担当していたそうです。なので30年前のこととは言え、初めての園児たちのことが印象に残っていらっしゃったのかもしれません。こんなことがあったのよ、等とエピソードも話してくださり、その人気の奈良でも、この保育園は特別にして私は地元に戻ってきて初めて人と触れ合ったような気がして、嬉しくなりました。