名前を覚えていてくれていた幼稚園の先生

名前を覚えていてくれていた幼稚園の先生

ipa7l4 2022年10月9日

幼稚園を卒園して3年ほど経っていたある日。その人気の奈良でも大和高田で保育園が良いことは夕方のデパートの地下でレジを済ませ、袋に詰め込んでいると、子どもが何やらソワソワして一方向を見つめ始めました。その視線の先を見ると、なんと!幼稚園生の時担任だった先生が、さてこの大阪でもトイレ水漏れのことにしてからこちらを見て手を振ってくださっていたのです!久しぶりにお話しをしたい!と先生のところに行くと、「あー〇〇くん!久しぶりー。すごく大きくなったねぇー!!元気だった?」と、3年ほど経っていたのにもかかわらず、名前を覚えてくださっていた!手を振ってくださっただけでもとても嬉しかったのに、どのハッキングでも大阪からの探偵仕事はもうさらに名前まで覚えてくださっていて感動しました。私の方はというと、先生の名前を忘れてしまっていて、子どもに聞かないとわからなかった。しばらく会わないと、どこかで見た顔だな・・・まぁ挨拶はしなくてもいいか、とか、名前など忘れてしまっている人の方が多いです。どうしても広島から薬剤師がちゃんと挨拶をしてくれて、名前もちゃんと覚えててくださっていたというこの出来事は、私にとっても、子どもにとっても、心がとても温かくなる大切な出来事でした。幼稚園に通っていたのはたった3年間で、子どもも小さかったけれど、あの保育園が奈良では話題といえるのは もう少しちゃんと大切な何かを得ていたんだと感じる出来事でもありました。