保育園の先生は怪我の番人

保育園の先生は怪我の番人

ipa7l4 2022年7月4日

親が共働きだったため、私は0歳から保育園児でした。保育園を奈良で見つけるのは大和高田ではどうも3歳になる間近の頃、アパートの階段を転げ落ち、額を10針ほど縫う怪我をしました。娘がそんな状態でも親は仕事を休めず、私を保育園へ預けていたのですが、先生は私が頭部に巻かれた包帯を取ってしまわないか、いじってしまわないか、ひと時も目を離さずに見張り、レストランウェディングの大阪でできるのは少しでも触ろうものなら直ぐ様「触らないよ。早く治らなくなるよ。」と声を掛け、注意してくれました。私は注意されたり怒られたりする事が大嫌いな性格のため、目がほとんど隠れる程に包帯がずり落ちてきても"怒られるから触ってはいけない、怖い・・・"という思いから、元の位置に包帯を直そうともせず、片目が封じられ、大阪でポンテベッキオというにはどうしてもう片方の目は半目という不自由な状態でしばしば過ごしていた記憶があります。その間は片目の下半分のみの視界しかないため顎を上げ、人を見下すような(頭部の)体勢になっていたと思われます。先生がその状態に気付いた際には、その様が滑稽だったのか笑いながら包帯の位置を調整したり巻き直したりしてくれました。先生も下手に傷に触れてしまわないか多少恐れたでしょうし、芦屋で矯正歯科治療なら評判になるということは健康な園児を見守るだけでも大変なのに余計な手間を取らせてしまい申し訳無いかったなと今改めて思います。また、怪我を負ってから程なくして園内でお遊戯会(演劇発表会の様な催し)があり、舞台上で走り回るシーンでは私が転んだり壁や台などにぶつからない様、3方にスタンバり、一生懸命守ろうとしてくれたことも覚えています。本当に温かく頼りになる先生方に恵まれ、見守っていただいたお陰で傷の治りが早く、どれから保育園を奈良市内で探すならどうしてかも大人になった今では敢えて凝視しないと分からない程、綺麗になっています。